中国伝統医学(東洋医学)の各治療法の発達

中国伝統医学(東洋医学)の各治療法の発達

この記事は、中国の各地方における伝統医学(東洋医学)の治療法の発達についてのまとめです

目次がそれぞれリンクになっています。
見たい所にクリックで飛んでご覧ください。

目次

中国伝統医学とは?

中国伝統医学(東洋医学)の各治療法の発達

中国伝統医学とは古代の自然哲学を、中国各地の医療技術と結び付けて確立したもの。

それぞれの地域の自然環境と食文化を色濃く反映し、独自の発達をした。

東方での砭石(へんせき)療法の発達

東方では、デキモノで病むことが多く、砭石(石で作ったメス)療法が発達。

西部での薬草(漢方薬)療法の発達

中国伝統医学(東洋医学)の各治療法の発達

西部では内臓疾患が多いために薬草(漢方薬)療法が発達。

南方での鍼療法での発達

中国伝統医学(東洋医学)の各治療法の発達

多湿で発酵食品を食べる南方では、痙攣けいれんや麻痺の治療に鍼療法が発達。

北方での灸療法の発達

中国伝統医学(東洋医学)の各治療法の発達

寒冷な北方では、カラダを温める灸療法が発達。

中部での按摩の発達

中国伝統医学(東洋医学)の各治療法の発達

食べるものが豊富な中部では、労働が少ないため、運動を伴う導引どういん按摩あんまが発達。

しつこく残る症状やなんだか調子の悪い(未病)ときの受診の参考に

東洋医学の発達の歴史がわかると、受診するときの参考になります。

病院に通ってもどうしても治らない!という症状のある方は一度、東洋医学の治療法を試してみてください。

薬効が全身にほしいとき→漢方

まひやけいれんのあるとき→鍼

カラダを温めて刺激したいとき→お灸

筋肉を刺激したいとき→整骨やマッサージ

中国各地域で発達した治療法

中国東方→砭石療法

中国西部→薬草療法

中国南方→鍼療法

中国北方→灸療法

中国中部→按摩療法

なるほど!

引用・参考文献

中国伝統医学(東洋医学)の各治療法の発達

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる